資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

診療放射線技師 

Sponsored Link



★受験資格★ 学歴制限

★合格率★ 76.5%
  
★取得目的★ 就職・再就職




診療放射線技師(Radiological Technologist)は病院などの医療機関において放射線を用いて撮影・治療を業務とする国家資格を有する医療技術職である。 業務の多くは元来医師(歯科医師を含む、以下同様)の行っていたものであったが、医療の複雑化とともに分業化が進み、現在の医療に診療放射線技師は不可欠の存在となっている。

資格の概要

診療放射線技師の資格を得るには、国が定めた短期大学、専門学校、理系の大学の診療放射線学に関する学科を3年以上修め、診療放射線技師国家試験に合格していなければならない。

日本放射線技師会は4年制大学による高等教育を推奨しているが、一部で(学校屋と呼ばれる儲け主義の学校経営者が安易に学校を造って、レベルを落とした診療放射線技師を輩出している)専門学校による3年制養成機関の新設も行われており、日本放射線技師会で懸念の問題である。

就職の難易度は上昇しているのは安易にレベルの低い専門学校を乱立したせいである。多くの短期大学は、四年制大学への改組、移行が進み、現在の診療放射線技師教育は大学が主流となっている。また、かつて専門学校や短期大学を卒業した診療放射線技師は、学位授与機構や、大学編入学制度によって学位取得を修業しながらおこなっている。また、近年、診療放射線学系の大学の設置とその増加によって、大学における診療放射線技師教育は、基礎教育に位置づけられるようになってきている。

更に高度な医療技術を学習するための高等教育は、それに対応した診療放射線学系の大学院への進学が主流となっている。

診療放射線技師の業務

医師又は歯科医師の指示の下に、放射線を人体に対して照射することができる。

照射には、撮影を含み、機器を人体内に挿入するものを除く
ここでいう「放射線」とは

アルファ線及びベータ線

ガンマ線

100万電子ボルト以上のエネルギーを有する電子線

X線

その他政令で定める電磁波又は粒子線

をいう。 ここまでは、業務独占である(但し、医師も自身の担当する患者に対しては行うことが出来る。)。この他、診療の補助として、磁気共鳴画像診断装置やCTscan装置やangio装置やPET装置、その他の画像による診断を行うための装置を用いた検査を行うことができる。具体的には、医師の指示の下での、X線やγ線など放射線の治療のための照射、X線写真の撮影、放射線を使用しない分野の画像診断(超音波検査、MRI撮影等)など多岐にわたる。また、平成17年に診療放射線技師法施行令が改正され、診療放射線技師の粒子線の取扱いが法律上認められた。

政令で定める電磁波又は粒子線は、次のとおり。

陽子線及び重イオン線

中性子線



試験内容

基礎医学大要・放射線生物学・放射線物理学・放射化学・医用工学・診療画像機器学など



試験地

北海道・東京・大阪・福岡など



受験手数料

11,400円



関連リンク

厚生労働省

社団法人 日本放射線技師会[ JART ]

診療放射線技師国家試験のページ

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。