資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

資格取得までの勉強時間リスト一覧 

Sponsored Link



2009年向け資格取得までの勉強時間リスト一覧(能力・下地で個人差あり)

旧司法試験  

15000時間 (6000時間での合格者もいる。2008年合格率はなんと0.79%。2011年廃止)

新司法試験   

9000時間 (択一試験は基礎的な論点からの出題が多く、大幅易化は必至も我が国を代表する法曹資格)

弁理士   

7500時間 (理系院卒研究実務者以外は辛し、理系の最高峰資格。合格者の学歴は司法試験を凌ぐスーパーエリート)

司法書士   

7000時間 (合格最低点は8割超、合格率2%台と極めてシビアな試験。司法脱落組の参入によりますます激化)

税理士     

6500時間 (科目合格制あり。社会人向けコツコツ資格。各科目の合格率は10~15%程度。会計士よりも暗記能力が求められる)

公認会計士   

6000時間 (科目合格制や合格者数大幅増で難関資格の面影はいかに。大手監査法人への就職は狭き門)

不動産鑑定士  

5500時間  (難関試験だが、合格後の実務経験を積む事務所への就職難から志願者減少傾向)

行政書士    

4000時間 (近年の平均合格率は4%。旧司法試験のように思考力が問われる試験へ。合格までの平均受験回数は2.68回)

社会保険労務士

3000時間 (ADR権付与により難化傾向。難関資格では唯一のマーク方式のみだが論文試験の導入を検討中)

国Ⅱ、地方上級

1500時間 (2003~2005年の激戦時代から受験者数、難易度も以前のように落ち着いてきた。しかし安定志向には好評の資格)

日商簿記1級  

1000時間 (税理士への登竜門・適正を測定するには受験する価値あり)

情報セキュアド 

450時間  (IT系難関資格)

宅建  

350時間 (法律系初学者向け)

海事代理士 

350時間 (海の司法書士。独立系開業資格で最も受かりやすい)

日商簿記2級  

300時間 (いつでも需要がある)

警察官試験 200時間

旅行業主任者 150時間

初級シスアド 150時間

FP3級技能士 50時間

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。