資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

ビジネス著作権検定 

Sponsored Link



★受験資格★ 制限なし

★合格率★ 初級 約70%  上級 約50%
  
★取得目的★ キャリアアップ



資格の概要

ビジネス著作権検定は、著作権に関する知識について、基礎的な理解、具体的な事例判断での応用力を測定する検定試験。略称は、著検。サーティファイ著作権検定委員会が主催。有限責任中間法人知的財産教育協会が監修している。2004年からの比較的新しい検定である。

毎年、2月・6月・11月に実施(2月は初級のみ)。ほかに団体受験もある。

初級

著作権に関する基礎的知識。筆記試験(マークシート式)。60分・30問。合格基準は正答率65%超。合格率は約70%

上級

著作権に関する基礎的知識と事例における問題点発見と解決能力についての応用力。筆記試験(マークシート式)。90分・45問。合格基準は正答率70%超。合格率は約50%



試験内容

試験目的

ビジネス実務、日常生活においてますます必要とされる著作権に関する知識および関連する知識について、その基礎的な理解、具体的な裁判例・ビジネス実務における慣例を基準とする事例判断での応用力をそれぞれ測定する。

認定基準
 
初 級

ビジネス実務、日常生活において必要とされる、(1)著作権に関する基礎的な知識、(2)著作権法および関連する法令に関する基礎的知識、(3)インタ- ネットに関連する著作権および情報モラルについての基礎的知識を有する。(企業が社員に対する著作権コンプライアンス教育として利用できるレベル)

上 級

ビジネス実務、日常生活において必要とされる、(1)著作権に関する基礎的な知識、(2)著作権法および関連する法令に関する基礎的知識、(3)インタ- ネットに関連する著作権および情報モラルについての基礎的知識と、それらの応用力を有する。(法務部または知的財産部の著作権担当者として著作権に関する問題点を発見し、解決することができるレベル)

試験科目

初級

試験時間 60分
問題数  30問

[筆記試験]

問題冊子にて提示される多肢選択式問題をマークシートに解答します。

ビジネス実務、日常生活において必要とされる

(1)著作権に関する基礎的な知識
(2)著作権法および関連する法令に関する基礎的知識
(3)インターネットに関連する著作権および情報モラルについての基礎的知識について多肢選択式問題として出題。

上 級

試験時間 90分
問題数  40問

ビジネス実務、日常生活において必要とされる

(1)著作権に関する基礎的な知識
(2)著作権法および関連する法令に関する基礎的知識
(3)インターネットに関連する著作権および情報モラルについての基礎的知識、および応用力について多肢選択式問題として出題。

なお、この応用力については、事例での問題点発見と解決能力について問う内容となる。



試験地

要確認



受験手数料

初級 4,600円 

上級 7,200円




関連リンク

ビジネス著作権検定 サーティファイ 著作権検定委員会

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。