資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

商業経済検定  

Sponsored Link



★受験資格★ 制限なし

★合格率★ 全級平均 60%
  
★取得目的★ 就職・再就職



資格の概要

商業経済検定とは、ビジネス、マーケティング、経済活動に関わる法律などに関する知識を問う検定試験。主催団体は財団法人日本商業高等学校協会。

基本的には高校生や高校卒業生を対象とした試験だが、誰でも受験可能なので、一般のビジネスマンが商業・経済に関する基礎知識の確認のために受験することもできる。



試験内容

検定規則

<商業経済検定試験規則>

(平成6年5月、7年5月、8年5月、11年5月,、14年5月一部改正)

第1条 財団法人全国商業高等学校協会は、商業経済に関する知識および能力を検定する。
第2条 検定試験は筆記試験によって行う。
第3条
1級  商品と流通・マーケティング・経済活動と法・国際ビジネスのうちいずれか2科目
2級  商品と流通・マーケティング・経済活動と法・国際ビジネスのうちいずれか1科目
3級  ビジネス基礎 ただし、第1級および第2級の科目は、第3級の内容を基礎としたものである。

なお、2級の合格者が1級を受験する場合、2科目のうち1科目は2級の合格科目に充てることができる。この措置は2級合格の年に次ぐ2年以内とし本人の申請による。

第4条 検定は全国一斉に同一問題で実施する。
第5条 検定試験は年1回実施する。
第6条

検定に合格するためには、第1級、第2級および第3級とも100点満点とし、70点以上の成績を得なければならない。

第8条 検定に合格した者には合格証書を授与する。また合格証書には科目名を付すものとする。
第9条 前条による合格証書は、次の様式による。
第10条

検定試験受験志願者は所定の受験票に受験料を添えて本協会に提出しなければならない。

第11条 試験委員は高等学校その他の関係職員がこれにあたる。


<商業経済検定試験施行細則>

第1条 受験票は本協会で交付する。受験票は当日持参しなければならない。
第2条 検定試験規則第5条による試験日は、毎年2月第1日曜日とする。

第3条 各級の制限時間は次のように定める。
第1級、第2級は1科目60分とし、第3級は40分とする。

第4条 受験料は次のように定める。(消費税を含む) 1科目 1,000円
第5条 試験会場では試験係員の指示に従わなければならない。
第6条 合格発表は試験施行後1か月以内に行う。その日時は試験当日までに発表する。



試験地

各都道府県の本部校が指定する試験場



受験手数料

1科目 1,000円



関連リンク

(財)全国商業高等学校協会- 商業経済研究部の広場

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。