資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

ビジネス能力検定 (B検) 

Sponsored Link



★受験資格★ 制限なし

★合格率★ 1級 17.3%  2級 44.6%
  
★取得目的★ 就職・再就職



資格の概要

ビジネス能力検定(B検)は、社会人に必要な仕事の能力を客観的に評価する検定試験です。業種・職種を問わず、社会人に必要な基礎能力を評価する3級、一人前の職業人としての仕事の実践力を評価する2級、ビジネスリーダーとしてのマネジメント能力を評価する1級の3つのグレードから構成されています。

試験問題は産学の人材教育の専門家が社会情勢や経済動向の変化を踏まえ、企業への調査結果を取り入れながら、今求められている能力、スキルを出題しています。

B検は、ビジネス能力のスタンダードとして、就職対策やキャリアアップの指標としてはもちろん、ビジネス教育プログラムとしても活用されています。平成7年、産学協同により生まれ、これまでに70万人が出願、42万人の合格者が社会で活躍しています。

受験者のレベル

3級

これから社会人になる人、新入社員に必要な基礎的能力を評価
・ ビジネスマナーなどのコミュニケーションの基礎
・ 顧客意識など仕事に対する基本姿勢
・ ビジネス常識、文書作成などの基本スキル

2級

入社2、3年目程度の実務層に必要な実践的能力を評価
・ 顧客対応などの実務的なビジネスコミュニケーション
・ 論理的思考と効率的な仕事の進め方
・ 実務に必要なビジネス常識、スキル

1級

入社5年目程度からのリーダーを目指す人に必要な総合的能力を評価
・ 組織のリーダーに求められるマネジメントの基本
・ 社内外での総合的なコミュニケーションスキル
・ 事業の立案推進に必要な経営戦略とマーケティング、財務知識



試験内容

3級

程度

会社と組織の見方、仕事の基本、ビジネスの常識とともに、ビジネス文書の書き方などの「文書能力」、及びビジネスマナーなどの「対人関係処理能力」を有する。

出題範囲(基本的なビジネス用語を含む)

豊かな仕事生活、会社のルールと勤務条件、仕事に対する基本姿勢、仕事への取り組み、指示、報告と連絡・相談、パソコンの仕事への活用、ビジネス文書の基本、社内文書の種類と役割、社外文書の種類と役割、表とグラフ、社会常識を高める情報収集、業種・業界知識の基本、会社の仕組みと組織、社会保険と税金、職場の人間関係、就業中のマナー、服装と身だしなみ、話し方の基本、ことばづかい、話の聞き方と指示・命令の受け方、電話応対、来客応対、名刺交換と面談の基本マナー、部外との対応

2級

程度

3級で学んだ内容について、より一層のスキルアップを図ることを目的とし、組織の有機的な関係を理解するとともに効率的な業務の進め方、さまざまなメディア、データベースを通した情報収集の方法等を身につけている。また、ビジネス常識としての法律知識、新聞記事、業界知識などとともに、「文書能力」としての報告書、議事録の書き方や、「対人関係処理能力」としての話し方の基本とコミュニケーション技術を有する。

出題範囲(3級出題範囲を含む)

職業観と企業・社会、業務の流れと部門運営、お客さま第一の姿勢、仕事の進め方、計画・スケジュール立案と予算管理、仕事の改善と問題解決、仕事への情報活用とコンピュータ・ネットワーク、文書作成の基本、議事録・報告書の書き方、配慮の必要な社外文書、統計・データの読み方・まとめ方、会議への参加と協力、情報収集の方法と新聞の読み方、産業と経済知識、ビジネスと法律知識、職場のよりよい人間関係、チームワーク、聴き上手になる、効果的な話し方、場に応じたビジネス会話、商談の進め方、お客さまへの誠実な対応、人的ネットワークの形成

1級(年1回12月に実施)

程度

2級で学んだ内容について、より一層のスキルアップを図ることを目的とし、問題解決、企画提案など仕事の高度な技術、計数面から見た企業の評価・分析法、マネージメント知識などを身につけている。また情報の分析・活用法と「文書能力」として提案書・企画書などの書き方を、「対人関係処理能力」としてプレゼンテーションの技術やビジネス交渉術を有する。

出題範囲(2級、3級の出題範囲を含む)

環境の変化と個の自立、目標の設定と評価基準、課題形成と解決策の追求、業務の改革と知的生産性の向上、データ・情報の加工、評価とIT、企画の推進方法、会議の司会、運営の仕方、プレゼンテーションの方法、財務面での事業の見方、マーケティングの基本、企業組織と社会・経済に関する法律、個の自立とキャリア形成、職場のリーダーとして、後輩と仕事をするには、人を説得する、ビジネス交渉と営業活動、グローバル・ビジネスの時代

合格基準

原則として60%の得点をもって合格とします。ただし、原則として1・2級は記述問題部分で40%以上の得点が必要です。



試験地

全国の指定された公的機関



受験手数料

1級 6,000円 

2級 3,800円 

3級 2,800円




関連リンク

ビジネス能力検定 財団法人 専修学校教育振興会

ビジネス能力検定 過去問題と解答のダウンロード

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。