資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

小売業計数能力検定 

Sponsored Link



★受験資格★ 実務経験

★合格率★ 2級 23.8%  3級 49.5%
  
★取得目的★ キャリアアップ



資格の概要

小売業計数能力検定とは、流通・小売企業で働く人を対象に、小売業における計数の基本や販売効率・売上管理に必要な計数能力などを問う検定試験。

主催は(社)航海経営指導者協会。試験は年1回、10月に2~3級の試験が実施されている。受験資格は、3級が、小売・卸売など流通関係で1年以上の実務経験があることなど。2級の場合は5年以上の実務経験が必要。



試験内容

受験の目安

小売業・卸売業など流通関係の実務経験が3級は1年、2級は5年以上ある方。もしくは同等の能力のある方。

対象者

小売業や卸売業に従事する方、メーカーなどリテイルサポートなどに関わる方。その他店舗運営に関心のある方、学生など。

出題形式

2級3級共通
①100点満点(合格ラインは70点以上)
②設問数 10問
③出題形式 正誤式、穴埋式による問題ならびに計算問題と記述問題


小売業 計数能力検定 能力要件

3級

基礎の計数

小売業における計数の基本を知り、 販売効率や売価管理などを理解しているレベル

能力レベルと対象者



売場を任された一般社員または責任者(売場チーフ等)クラス

必要とされる係数能力

売場業務を計画どおり遂行する人にとって、基本とされる計数理解能力が求められます。

“共通の言語”である計数用語を正確に使い、売場の状況を数表や公式を用い算出し判定できるかどうか。さらに販売活動の効率を比較できるか等の能力が問われます。

試験範囲と項目

①販売の仕組みの基礎計数  
販売/原価/荒利益高など
②売上高に関する基礎計数  
客数/客単価/ABC分析など
③荒利益高に関する基礎計数  
値入率/売価変更/ロス率など
④販売効率(生産性)の基礎計数  
商品/売場/人など

2級

基礎の計数

小売業における計数の基本を知り、 販売効率や売価管理などを理解しているレベル

能力レベルと対象者



売場を統括する部門長または店長クラス(または3級合格者)

必要とされる係数能力

経営の業務を左右する管理者(マネジメント)としての職務です。店舗の活動全体を捉え分析し、改善に結びつけられる能力が必要とされます。

部門別損益や効率アップの構造を理解しているか。データを読み取り売場の問題解決と改善アクションの計数判断が問われます。

試験範囲と項目

①店の政策立案とマネジメントの重要性
②計数を活用した現状の把握と分析、店の損益の見方と分析  (部門、月次)
③利益計画の立て方
④売上計画の立て方
⑤仕入計画の立て方
⑥要員計画の立て方
⑦経費計画
⑧差異分析と進行管理
⑨利益改善の視点と計数の活用



試験地

東京・大阪



受験手数料

3級 5,250円 

2級 8,400円




関連リンク

小売業計数能力検定 社団法人 公開経営指導協会

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。