資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

法学検定 

Sponsored Link



★受験資格★ 制限なし

★合格率★
  
★取得目的★ キャリアアップ



資格の概要

法学検定とは、法学に関する学力水準を客観的に評価する検定試験。

財団法人・日弁連法務研究財団と社団法人・商事法務研究会が運営している日本における法学検定のひとつ。法検と略称が用いられる場合もある。2000年から3級・4級試験を、2001年から2級試験を、2003年からは法科大学院既修者試験を実施。年間1回実施されるが、2~4級の試験と法科大学院既修者試験は別の時期の実施である。

受験級は、以下の4つに分けられ、今後は1級も設置を検討している。

2級(大学卒業程度)
3級(大学3年修了程度)
4級(大学2年・短期大学修了程度)
法科大学院既修者試験(法学既修者試験)

法科大学院の法学既修者(2年)コースに入学できる学力を測るための試験。ほとんどの法科大学院では独自の法学既修者向け試験を実施しており、法学検定の法学既修者試験は任意提出資料として合否の判断資料とされることが多い。



試験内容

2級:法学基礎論・民法の2科目とも必修となっており、あとの科目はコースごとに選択式となっている。

o 総合コース:法学基礎論・民法・選択科目A群及びB群から4科目選択
o 司法コース:法学基礎論・民法・刑法・民事訴訟法・刑事訴訟法・選択科目B群から1科目選択
o 行政コース:法学基礎論・民法・憲法・行政法・民事訴訟法・選択科目B群から1科目選択
o 企業コース:法学基礎論・民法・商法・民事訴訟法・選択科目B群から2科目選択
選択科目A群:(1)憲法(2)刑法(3)商法(4)行政法(5)民事訴訟法(6)刑事訴訟法
選択科目B群:(7)労働法(8)倒産法・執行法(9)独占禁止法(10)知的財産法(11)租税法(12)国際取引法(13)環境法

3級:法学一般・民法の2科目とも必修となっており、あとの科目はコースごとに異なる。

o 一般コース:法学一般・民法・憲法・刑法
o 司法コース:法学一般・民法・刑法・民事訴訟法/刑事訴訟法
o 行政コース:法学一般・民法・憲法・行政法
o 企業コース:法学一般・民法・商法・民事訴訟法/労働法

4級:法学入門・憲法・民法・刑法の4科目(いずれも必修)を受験し、合格点に達したら合格となる。

法科大学院既修者試験(法学既修者試験):憲法・民法・刑法・民事訴訟法・刑事訴訟法・商法・行政法の7科目。第1部(憲法・民法・刑法)と第2部(民事訴訟法・刑事訴訟法)は必修で、第3部(商法)と第4部(行政法)は任意受験。合否判定は行わず、成績通知のみを行う。



試験地

札幌・仙台・東京・長野・金沢・名古屋・大阪・広島・松山・熊本・那覇



受験手数料

4級 4,200円 

3級 6,300円 

2級 12,600円




関連リンク

法学検定 財団法人 日弁連法務研究財団

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。