資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

ヤマハ音楽能力検定 

Sponsored Link



★受験資格★ 制限なし

★合格率★ 
  
★取得目的★ スペシャリスト



資格の概要

ヤマハ音楽能力検定とは、ピアノ、エレクトーンなどの楽器演奏能力をグレードにより評価する検定試験。主催団体は(財)ヤマハ音楽振興会。趣味で楽しんでいる人からプロの演奏家・指導者をめざす人たちまで幅広く対象としている。

6級以下の学習者のためのグレードは、音楽を学んでいる人や趣味で楽しんでいる人が対象で、学習の成果の確認を段階的に行い、次の目標への意欲を高めながらレベルアップしていく内容となっています。

また指導者を目指すためのグレードは、音楽教室で教えたい人、すでに教えている人、プレーヤーやデモンストレーターなど専門家を目指している人が対象で、演奏グレードと指導グレードがあります。

指導者を志す人は、演奏グレードに合格されるとともに指導グレードをあわせて取得することを目指してください。

ヤマハグレードは現在40を超える国と地域で行われ、年間30万名の方が受験されています。



試験内容

グレードの例

ピアノ、エレクトーン【2級】
ピアノ【5~3級】
エレクトーン【5~3級】
指導【5~3級】
ピアノ、エレクトーン【10~6級】
ピアノ、エレクトーン【13~11級】
管、クラシックギター【5~3級】
管、クラシックギター、ドラム【10~6級】

試験内容

演奏グレード(ピアノ、エレクトーンの場合)/即興演奏、初見
演奏、楽曲演奏指導グレード/実技、筆記



試験地

全国主要都市



受験手数料

グレードにより異なる 要確認



関連リンク

ヤマハ音楽能力検定 (財団法人 ヤマハ音楽振興会)

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。