資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

ラジオ音響技能検定 

Sponsored Link



★受験資格★ 制限なし

★合格率★ 1級 8.3%  2級 31.0%
  
★取得目的★ スペシャリスト



資格の概要

ラジオ音響技能検定は(財)実務技能検定協会主催の検定である。略称はA・R検定。

ラジオ・音響技能検定は、エレクトロニクス・オーディオの「知識」「技能」をアナログ技術という観点から総轄して評価する、わが国で唯一の技能検定です。

学業の一部として、あるいは仕事としてエレクトロニクスやオーディオに関わりを持つあなたには、その「知識」「技能」を正しく評価し、実力を証明するものとして、本検定は欠かせないものと言えます。

検定級位を取得することによって、あなたの実力は社会的評価を得、就職時はもとより採用後も大きな影響を及ぼすこととなるでしょう。



試験内容

試験は全級共に年1回実施され、合格者は試験後40日以内に通知される。

1級

誰でも受験できる。

試験科目は知識と技能の2科目から成り、記述式で出題され、試験時間は120分。

電気理論、電子工学、無線、通信理論、音響理論をよく理解し、各種受信機や各種音響機器の動作原理、設計、製作、調整、修理法をよく体得している。

【内容(○:知識、◎:実技)】

○電気磁気、交流理論を熟知している。
○トランジスタ、集積回路について、最新の知識もある。
○電子回路理論を、よく知っている。
○無線、通信理論をよく知っている。
○音響理論をよく知っている。
○高忠実度音響機器の動作原理に詳しく、設計製作の知識もある。
○電波障害防止について知識がある。
○電波法規や安全技術について知識がある。

◎各種受信機の構造、動作理論、設計法、製作法をよく知っている。
◎各種受信機の調整や特性試験、修理法についての詳しい知識がある。
◎各種音響機器の作動試験を理解し、設計、製作もできる。
◎各種音響機器の調整、特性試験法、修理法に熟知している。
◎リスニングルームについての知識がある。


2級

誰でも受験できる。

試験科目は知識と技能の2科目から成り、選択式で出題され、試験時間は90分。

やや高級な電気知識を持ち、各種受信機の動作原理を理解し、これを組み立てたり、調整、修理することができる。さらに各種音響機器の動作原理を理解できる。

【内容(○:知識、◎:実技)】

○電気磁気、交流理論の知識を相当持っている。
○トランジスタの動作、回路理論をかなりよく知っており、集積回路についても知っている。
○無線通信理論、FM放送について、かなりの知識がある。
○FMステレオ受信機について、かなりの知識がある。
○音響理論の基礎知識があり、各種音響機器(ステレオを含む)動作原理がわかる。
○電波障害防止について簡単な知識がある。

◎各種受信機の設計法や、製作法を知っている。
◎各種受信機の調整や、特性試験法および修理法の知識を持っている。
◎各種音響機器の取扱法を知り、簡単な特性試験ができる。


3級

誰でも受験できる。

試験科目は知識と技能の2科目から成り、選択式で出題され、試験時間は60分。

基礎的な電気の知識を持ち、現用受信機および簡単な音響装置の動作原理を理解し、組立、調整をすることができる。

【内容(○:知識、◎:実技)】

○電気磁気、交流理論の概要についての知識がある。
○ダイオード、トランジスタの動作原理とその回路の概要を知っている。
○中波・短波の無線機器、特にスーパー受信機の構成と性能についての知識がある。
○FMについて簡単な原理および受信機の知識がある。
○無線工学の概要および電波伝搬、アンテナの基礎知識がある。
○初歩の音響理論の知識があり、ステレオ音響の原理がわかる。
○簡単な音響機器の動作原理がわかる。

◎配線図を見て、組立をすることができる。
◎受信機や簡単な音響機器の取り扱い方法がわかり、診断に必要な簡単な測定機器の使い方を知っている。
◎受信機や簡単な音響機器の故障発見法と、それに必要な導通試験、電圧試験、電流試験の方法と手順を知っている。


4級

誰でも受験できる。

試験科目は知識と技能の2科目から成り、選択式で出題され、試験時間は60分。

初歩的な電気の知識を持ち、初歩のラジオ受信機(中波のスーパー受信機程度)の動作原理がわかり、組立や調整ができる。また、簡単な音響機器の動作原理を知っている。

【内容(○:知識、◎:実技)】

○直流、交流、電流、電圧、電力などについての基礎的理解力がある。
○抵抗、コンデンサ、コイル、トランス、ピックアップなど、必要な部品についての知識を持っている。
○ダイオード、トランジスタの基礎知識およびその簡単な回路の動作原理を知っている。
○中波のスーパー受信機について簡単な知識がある。
○音についての簡単な知識がある。

◎部品とそれに対する記号についての基礎知識がある。
◎簡単な配線図の見方がわかる。
◎部品の選定法がわかり、正しい使い方を知っている。
◎テスタを使っての各部の電圧、導通などが測れる。
◎受信機の組立方について基礎知識があり、ストレート受信機の組立や調整をすることができる。
◎はんだ付けについての基礎知識を持っており、はんだ付けをすることができる。



試験地

全国主要都市



受験手数料

1級 6,500円 

2級 5,500円 

3級 4,500円 

4級 3,500円




関連リンク

ラジオ音響技能検定 財団法人 実務技能検定協会

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。