資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

医療秘書技能検定 

Sponsored Link



★受験資格★ 制限なし

★合格率★ 1級 約10%  2級 約45%
  
★取得目的★ 就職・再就職



資格の概要

医療秘書技能検定は、日本の医療現場の事務職員に必要な能力を測る試験。

医療機関の組織運営に関することから、医学的知識、レセプト作成といった総合的な能力を試している点で、医療事務系の検定の中では特筆すべきことである。 主催者は医療秘書教育全国協議会で、この団体には2004年現在142の専門学校・各種学校並びに短期大学が加盟している。

ハローワークの医療事務の求人欄に採用の条件としてこの資格の取得を挙げている医療機関も(数はわずかだが)存在する。 なお、受験者の能力に合わせて1級、準1級、2級、3級の4つの段階が存在する。

受験者は圧倒的に専門学校・各種学校の学生が多い。もちろん社会人も見られるが、医療機関に勤務する受験生は少ない。また、2、3級は受験生が多い(数千人単位)が、準1級、1級は受験者数が少ない(準1級は数百人単位、1級は数十人単位)。


勉強の仕方

領域Iの医療秘書の分野は一般常識程度の問題であり、取り立てて対策の必要はない。しかしながら、医療機関の組織・運営、医療関連法規は範囲が幅広い上に、体系だった教科書がないのが現状である。病院の組織に関することや医療関連法規に関する参考書を一通り読み終えたら、必ず過去問題集をこなすことが大切である。

領域IIの分野は解剖生理、病理、薬理の分野と医学用語・検査用語が出題される。幅広い分野で出題されるが、医学用語・検査用語は繰り返し出題されているので、過去問題集をやっておく必要がある。

領域IIIは、領域I・IIと異なり資料を持ち込むことができる。レセプト作成は穴埋め形式なので、算定方法の基本事項ができていれば、合格ラインに達することはできるだろう。ただし、算定方法の基本的事項は独学で身に付けるのは、他の領域に比べ困難な領域であるので、医療事務講座を受講するのが望ましい。



試験内容

出題内容

出題内容は以下の3分野に分けられる。

* 領域I 医療秘書実務、医療機関の組織・運営、医療関連法規。
* 領域II 医学的基礎知識、医療関連知識。
* 領域III 医療事務(レセプト作成並びに診療報酬点数表の理解)。

合格基準・合格率

合格するためには、領域I~IIIのすべての分野で60点以上取ると合格と判定されるのが原則である。しかし、試験の平均点がある程度ばらつきがあるにもかかわらず、合格率がほぼ一定になっているので、ある程度原則に配慮があるようだ。なお合格率はだいたい次のようになっている。



試験地

要確認



受験手数料

1級 5,100円 2級 4,500円 3級 3,800円 4級 2,800円



関連リンク

医療秘書技能検定 医療秘書教育全国協議会

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。