資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

医事コンピュータ技能検定 

Sponsored Link



★受験資格★ 制限なし

★合格率★ 2級 59.9% 3級 70.5%
  
★取得目的★ 就職・再就職



資格の概要

医事コンピュータ技能検定とは、医療の現場でも、パソコンの導入といったIT化が進んでいます。医事コンピュータ技能検定とは、全国でも唯一の医療事務に関するコンピュータの知識と技能を検定する試験です。これは、医療秘書教育全国協議会が主催する医療秘書実務検定と並ぶ、重要な資格といえます 。

医療事務の種類

診療報酬請求事務

患者は医療費の大部分を健康保険から支払います。健康保険分に該当する費用は国や健康保険組合に請求します。その請求書を「診療報酬明細書(レセプト)」といいます。この診療報酬明細書の作成に当たっては、専門的な知識が要求されます。

受付業務

受付は患者と病院の一番最初の接点となる場所です。ここでは保険証の確認や初診、再診の手続き、診察券の発行などを主に行います。病気で不安になっている患者に対し、不安を和らげる応対ができることも重要になります。

オペレーター業務

患者さんのカルテから、ドクターの診療内容や投与する薬剤、患者のデータなどをコンピューターに入力します。データの正確な入力はもちろん、情報を的確に読み取る知識も要求されます。

会計業務

診察や診療が終わった患者の会計や、診療費の計算を行います。患者により保険負担割合が異なるため、計算の正確性が求められます。

病棟クラーク

ナースステーションでの事務的な業務を行います。患者と医師や看護師との橋渡し役です。医療現場に近いポジションでもあり、医療知識はもちろん、患者とのコミュニケーション能力も必要です。



試験内容

受験資格

特に資格は不要であり、年齢・性別・学歴に関係なく誰でも受験可能です。

出題内容

領域Ⅰ: 医療事務

医療保険制度のあらまし、診療報酬請求から支払いまでの流れ、レセプトへの転記、計算、保険や患者負担金の基礎的な知識など、幅広い知識が要求されます。

領域Ⅱ: コンピュータ関連知識

操作に必要な情報処理用語の理解、ソフトウェアの基礎的な知識などが要求されます。

領域Ⅲ: 実技(オペレーション)

医事コンピュータを用いて、外来診療のカルテや伝票からレセプトを作成する能力が試されます。


合格基準(全級共通)

Ⅰ~Ⅲの各領域にそれぞれ60点ずつ配点され(180点満点)、合格するには3つの領域での正解が60%以上であることが必要です。



試験地

要確認



受験手数料

準1級 8,000円 (一般) 6,000円(会員)

2級 7,000円 (一般) 5,000円(会員)

3級 6,000円 (一般) 4,000円(会員)

※併願の場合の金額は、各級の受験料の合計となります。




関連リンク

医療秘書教育全国協議会

医療事務コンピュータ技能検定.net

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。