資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

メンタルヘルス・マネジメント検定 

Sponsored Link



★受験資格★ 制限なし

★合格率★ Ⅰ種 11.1% Ⅱ種 70.7%
  
★取得目的★ スペシャリスト



資格の概要

メンタルヘルス・マネジメント検定とは、大阪商工会議所が主催するメンタルヘルスに関する検定試験である。I種・II種・III種の3つのコースがある。

現代の生活では、労働などが複雑になったことによりストレス等の要因で精神が疲労し精神疾患等も増え発症し、休職及び離職者が増大している。そのため企業及び団体としてもメンタルヘルス対策を真剣に取り組まざるを得ない状況となってきている。


コース別の概要

I種(マスターコース 対象:人事労務担当者・管理者、経営幹部)

自社の人事戦略・方針を踏まえたうえでメンタルヘルス計画、産業保健スタッフや他の専門機関との連携、社員への教育・研修等に関する企画・立案・実施ができる。

II種(ラインケアコース 対象:管理職・管理担当者)

部下が不調に陥らないように普段から配慮するとともに、部下に不調が見受けられた場合には安全配慮義務に則った対応を行うことができる。

III種(セルフケアコース 対象:一般社員・新入社員)

自らのストレスの状況・状態を把握することにより、不調に早期に気付き、自らケアを行い必要であれば助けを求めることができる。


なお、コース区分は受験者の社内での担当部門等にあわせたものであり、難易度による等級ではないが、出題範囲を比較すると、I種は9分野から、II 種は7分野から、III種は5分野から出題されており、等級の数字が小さいほど出題範囲が広く、また、出題方式を比較すると、II種とIII種はマークシート方式のみなのに対し、I種ではマークシート方式に加えて論述式試験が課され、その合格率も10%台であり他の等級に比べて著しく低いなど、事実上、難易度による等級分けがなされている。



試験内容

受験資格:3つのコースとも学歴・年齢・性別・国籍に制限はない。

I種(マスターコース)

問題構成 マークシート方式:2時間 論述式:1時間
配点 マークシート方式:150点 論述式:50点

出題内容

(1)企業経営におけるメンタルヘルス対策の意義と重要性
(2)メンタルヘルスケアの活動領域と人事労務部門の役割
(3)ストレスおよびメンタルヘルスに関する基礎知識
(4)人事労務管理スタッフに求められる能力
(5)メンタルヘルスケアに関する方針と計画
(6)産業保健スタッフ等の活用による心の健康管理の推進
(7)相談体制の確立
(8)教育研修
(9)職場環境等の改善

合格基準 マークシート方式、論述式それぞれ50%以上の得点で、その合計が140点以上の得点。
5年ごとに更新が必要(更新のための通信教育講座等の修了を要件とする。)


II種(ラインケアコース) 

問題構成 マークシート方式:2時間 
配点 マークシート方式:100点

出題内容

(1)メンタルヘルスケアの意義と管理監督者の役割
(2)ストレスおよびメンタルヘルスに関する基礎知識
(3)職場環境等の評価および改善の方法
(4)個々の労働者への配慮
(5)労働者からの相談の方法(話の聴き方、情報提供および助言の方法等)
(6)社内外資源との連携と労働者のプライバシーへの配慮
(7)心の健康問題をもつ復職者への支援の方法

合格基準 70点以上の得点。


II種(セルフケアコース)

問題構成 マークシート方式:2時間 
配点 マークシート方式:100点 

出題内容

(1)メンタルヘルスケアの意義
(2)ストレスおよびメンタルヘルスに関する基礎知識
(3)セルフケアの重要性
(4)ストレスへの気づき方
(5)ストレスへの対処、軽減の方法

合格基準 70点以上の得点。

試験はI種では年1回の例年10月。II種とIII種は年2回で例年3月と10月に実施される。
一般試験の「公開試験」と、企業・団体が原則10人以上で受験申し込みがあった場合に企業・団体が指定する日時・場所で行われる「団体特別試験」(II種とIII種に限る)がある。


I種合格者フォーラム

I種合格者を対象にした大阪商工会議所の登録制サービス。登録者にはメンタルヘルスに関する情報を記載したメールマガジンを年4回程度送信する他、メンタルヘルス関連のセミナーや交流会が開催される。



試験地

要確認



受験手数料


I 種(マスターコース)10,500円

II 種(ラインケアコース)6,300円

III 種(セルフケアコース)4,200円




関連リンク


大阪商工会議所 メンタルヘルス・マネジメント検定

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。