資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

歴史能力検定 (歴検) 

Sponsored Link



★受験資格★ 制限なし

★合格率★ 
  
★取得目的★ スペシャリスト



資格の概要

歴史能力検定は、歴史能力検定協会(山川出版社・東京リーガルマインド・社会教育協会)が実施する歴史の検定。一般に歴史検定または歴検と呼ばれる。地理能力検定と並んで社会科系検定の一つである。



試験内容

1級(日本史、世界史) - レベルなし(公開会場でのみ実施)

2級(日本史、世界史) - 高校レベル

3級(日本史、世界史) - 高校基礎レベル

準3級(日本史のみ) - 難関私立高校受験レベル

4級(歴史基本) - 中学校修了レベル

5級(歴史入門) - 小学校修了レベル

合格基準

試験は各100点満点になっている。
1級、2級、3級、4級、5級 - 正解率60%を目安としている

合格者の特権

歴史検定「日本史1級」または「日本史2級」の合格者には、高等学校卒業程度認定試験(以下、高卒認定)の科目「日本史B」が、また、歴史検定「世界史1級」または「世界史2級」の合格者には、高卒認定の科目「世界史B」の受検をそれぞれ免除される。これは高卒認定の前身の試験である大学入学資格検定において、2002年(平成14年)8月実施分の検定から認定されていたものをそのまま引き継いでいる。

また、歴史検定「日本史1級」または「日本史2級」の合格者には、国土交通大臣が実施する通訳案内士試験の「日本歴史」の科目が免除される。

歴史検定「日本史1級」に、合計3回以上合格した者には「歴検日本史修士」の称号が、合計5回以上合格した者には「歴検日本史博士」の称号が、協会より与えられる。これは世界史においても同様である。1級の試験は毎年12月の1回きりなので、修士や博士の称号を得るためには、長年に渡り歴史を学び続ける必要がある。



試験地

札幌・東京・大阪・福岡など



受験手数料

1級 各7,000円 

2級 各3,000円 

3級 各3,000円 

4級 2,000円  

5級 1,800円




関連リンク

歴史能力検定:歴検 歴史能力検定協会

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。