資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

フードアナリスト 

Sponsored Link



★受験資格★ 制限なし

★合格率★ (予想)1級 10% 2級 10%
  
★取得目的★ スペシャリスト



資格の概要

フードアナリストとは、食・食文化を体系的に学び、単に味覚だけでなく、レストランの内装・サービスや料理の歴史・レストランの法律・経営まで、総合的に段階的に学び、レストランそのものから食品・食材を分析・評価する知識と教養を身につけた、食・食空間を分析・評価する専門家です。

レストランや料理飲食店に行って、利用者の立場で実際に飲食サービスを受け、料理の評価だけでなく、サービス、安全性、雰囲気を総合的に評価して「1つ星」から最高で「5つ星」までの格付けをし、推奨飲食店を主にインターネット上で公開します。

幅広い知識を身につけたフードアナリストには、食に関する様々な分野での活躍が期待されています。現在アジア最大のショッピングセンターのプロデュースや大手食品会社の商品開発・販促プロモーションのアドバイス、飲食店のサービス改善に必要なミステリーショッパーやレストランの衛生調査員、雑誌・専門誌での記事の執筆、カルチャーセンターでの講師等活躍の場が広がっています。食の専門家であり消費者サイドの視点を身につけたフードアナリストには多くの分野で注目されています。現在、食に興味のある方から、食にかかわる専門の方まで幅広く学習されています。

1. フードアナリストは消費者目線でレストランや食材、食品にアプローチする「知識」「教養」「マナー」を持った「食の専門家」の資格です。

2. 特に「個別のレストランや食材、食品」についての歴史、背景、独自性、比較、評判やトレンドなどを総合的に解説できるところに特徴があります。

3. 一定のルールに従ってレストランや食材、食品を調査して中立・公正な立場から「格付け」評価レポートを作成することもフードアナリストの重要な仕事です。


取得方法

(1)養成講座を受講

養成講座 日本フードアナリスト協会が認定をした養成講座で一定のカリキュラムを修了し修了試験に合格することによって取得できます。
現在では、全国各地で「フードアナリスト養成講座4級・3級講座」がスタートしています。資格は4級から取得していきます。
幅広い学習分野を、講師の解説で効率よく学習していきます。

(2)通信講座

(3)検定試験を受験

フードアナリスト検定試験」を受験して一定のスコアをクリアできれば取得できます。
フードアナリスト教本・問題集をご購入の上、自己学習にて試験に臨みます。全国7都市で、年2回開催

(4)提携校・認定校・指定専門学校に通学

日本フードアナリスト協会が認定をした教育機関(専門学校等)でカリキュラムを修了することによって取得できます。
現在では、東京調理師専門学校・神戸国際調理師専門学校で「フードアナリスト養成講座4級」がスタートしています。


資格取得後のメリット

レストランを評価する以外にも仕事として、飲食店の調査をおこないサービス改善のための調査を行うミステリーショッパーなど活躍の場が広がっています。さらに食の専門家としてモニターとしてのサンプリングの使用とアンケート提出、消費者の立場からメーカーに対して行う商品開発業務や、販売プロモーションのアドバイザーなどがあります。また各地で開催されている講座の講師という道も開かれています。雑誌記事への執筆やテレビのコメンテーターとして活躍したり、飲食店の開業プロデュース、大手食品メーカの商品開発や大型ショッピングセンターの食品フロアーのプロデュースなどフードアナリストならではの活躍の場が広がっています。資格取得後も継続して、日本フードアナリスト協会のサポートを受けることが可能です。 資格はスキルとレベルを保証して、就転職を有利にします。本資格は、食の資格の中では注目度が高く、食の業界全般に対応できる汎用性と他の資格にはない独自性のあるものです。  4級資格はフードアナリストに必須の基礎知識を備えた基礎レベル、3級資格は中級レベルとして位置付けられています。将来的にもこの「資格」の価値は高まり、就転職を有利に進める「武器」になります。また2級取得者については、まだライバルが少ないこともセールスポイントになります。



試験内容

スタートは4級からで上級資格を取得するためには受験する1級下の「級」を持っていなければ受験資格がありません。つまり、2級フードアナリスト検定資格を受験するためには、受験時には3級フードアナリスト資格を持っていなければ2級フードアナリスト検定試験の受験資格がないこととなります。

内容

4級

格付けとフードアナリスト倫理規定
食空間コミュニケーション
食空間の知識と教養
菓子・パン
サービスとテーブルマナー
食空間の演出

3級

食育
食空間コミュニケーション
ホスピタリティ
食と栄養
ワインとチーズ
ヨーロッパ菓子
食と芸術・文化
インテリアとテーブルデザイン
日本の伝統と食文化
地球環境と食

2級

アジアの食事情
食空間コミュニケーション(中国語編)
アジアの食器
漢方や薬膳
調味料と香辛料
日本の伝統食文化
日本の調理法・調理用語

日本各地の名産品
中国茶・日本茶・紅茶
日本とアジアの銘酒
有名店の歴史と特徴
食空間での表現力
マーケティングとレストラン経営
食空間の法律



試験地

札幌 仙台 東京 名古屋 大阪 広島 福岡



受験手数料

各級7,000円



関連リンク

日本フードアナリスト協会

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。