資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

MOT(マイクロソフトオフィシャル トレーナ)  

Sponsored Link



★受験資格★ 制限なし

★合格率★ 
  
★取得目的★ スペシャリスト



資格の概要

従来のMOTは、アプリケーションソフトの豊富な知識と操作技術を中心とした IT インストラクター資格でした。MOTの役割は「成長を続けるパソコンやアプリケーションソフトの使い方を短期間でわかりやすく伝授する」ことが大きなウェイトを占めていました。

しかし、昨今では、すでにパソコンもアプリケーションも個人レベルはもとよりビジネスレベルでの利用さえも不満を感じることが少なくなりました。これからパソコンを使おうとする人の多くは、今ある豊富なソフトウェアや ICT 技術を自分の役に立てるのにはどう使えばいいのかを探しています。それも汎用的な使い方ではなく、自分にあった利用方法を自分に理解できる方法で教えてくれる IT インストラクタを求めているのです。MOT2007 はこのような時代背景やお客様のニーズを考慮して、2007 年に新しく設計された資格制度です。

Microsoft Official Trainer ( MOT )プログラムは、Microsoft Office 製品に関し、正しい知識をもってインストラクションできる方の育成と選定を目的に実施されています。

2007 Office system のリリースに伴い、製品知識、インストラクション双方の向上を目的に、MOT 2007 として制度が改定される。

新しいMOT 2007では、IT に関する知識を向上させたいと望まれる受講生の方々のニーズを的確に把握し、ケース毎に最適なシナリオでレッスンをデザインし、かつ、適切なインストラクションを行うために、2 種類の研修を履修・合格する必要があります。

従来の製品知識に重点を置いたMOTから、MOT 2007は利活用の世界へ飛躍します。また、最新の 2007 Office system の製品知識の習得を証明するため、Microsoft Certified Application Specialist 3 種への合格を必須とし、Microsoft Certified Application Professional の合格を強く推奨しています。



試験内容

MOT2007 は、企業ニーズに応えるため、3 つの要素を資格取得条件としています。

Microsoft Certified Application Specialist(MCAS)

Office System についての正しい操作の習得や使いこなすための技術を習得していることを客観的に証明するための技術試験です。

MOT2007スキル認定研修

Office 2007を1つの統合型アプリケーションとして考え、そこからユーザーが要求する結果を得るために最適と思われる機能や方法を「作成しやすい」「加工しやすい」「共有しやすい」という観点に基づいて提供するための技術を学びます。

MOTインストラクション認定研修

研修の成果は、講習終了後の理解度だけではなく、学んだ知識が受講者の仕事や生活に役立つかどうかにあります。受講者が興味を持って自主的に学習できるように支援するためのインストラクション技術を2日間の研修を通して学びます。


MOT 2007 の資格取得方法

■対象者
・現在トレーナーとして活躍されている方
・Microsoft Certified Application Specialist 資格取得後の次のスキルアップを目指している方
・Microsoft Office 製品のプロフェッショナルを目指している方など

■取得、認定にあたっての前提条件
MOT規約に同意していること
・個人のメールアドレスを所有していること(携帯電話などのアドレスは使用不可)
・各スキルの証明がそろっていること(詳細は下記のステップをご覧ください)


ステップ 1

Office System の操作

Microsoft Certified Application Specialist(MCAS)試験の合格
・Microsoft Office Word 2007
・Microsoft Office Excel 2007
・Microsoft Office PowerPoint 2007
3科目の試験を受験し、全てに合格が必要となります。


ステップ 2

Office System の利活用方法

MOT2007スキル認定研修(2日間)
1日目:Office System の概要やデスクトップアプリケーションの新機能と利活用について学習します。
2日目:総合演習として与えられた課題から成果物を作成し提出します。 
2日目の成果物で合否が判定され、約 3~4 週間後にマイクロソフトから結果が通知されます。

ステップ 3

インストラクション技術

MOTインストラクション認定研修(2日間)
・事前学習(2週間~1か月)
・研修(2日間)
・課題提出期限(研修終了日から30日以内)
the 2007 Microsoft Office System を使用してインストラクション技術を習得するための研修を受講します。研修で与えられた課題を使った成果物を作成、提出します。1か月~1か月半で合否がマイクロソフトから通知されます。



試験地

要確認



受験手数料

1科目 9,450円



関連リンク

Microsoft Learning

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。