資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

A+ (エープラス) 

Sponsored Link



★受験資格★ 制限なし

★合格率★ 
  
★取得目的★ キャリアアップ



資格の概要

A+(エープラス)とは、顧客のクライアント環境を把握し、要求に応じて最適化を行う為の運用と管理における実務能力を試験する民間資格。

A+は、数ある高度な専門技術をチェックするIT関連資格ではなく、そのベースとなるIT実務基盤のスキルを問うのものです。それだけに世界的な重要視されている資格です。
そのため、コンピュータを主を扱う大手企業でも高い評価をもちます。

一般に、IT・コンピュータ系の資格は

ベンダー資格:ソフトメーカーが自社の開発したソフトを使いこなすスキルを認定する資格
・コンピュータ全般の知識を問う資格

の2種類に分かれます。

しかし、米国CompTIA(コンピュータ技術産業協会)の認定するいくつかの資格は少し性格が異なり、実務を行うにあたり業界内で定番となっているソフト・ハードを使いこなすスキルを評価するものとなっています。

たとえば、オラクルマスターやシスコ技術者認定のようなものです。
つまり、実際に業界で役立つ能力を証明する資格といえます。

A+は、CompTIA(コンピュータ技術産業協会)の認定する一連の資格のなかでも、パソコン運用のための基準の資格です。

パソコンの運用・管理やネットワークの基礎的な知識を証明する資格ですが、なかでも重点が置かれているのは、トラブルシューティングなどコンピュータの保守・メンテナンスの分野です。


活躍の場

資格設置の目的もあるのですが、基礎的な知識を幅広く問う資格であるため、企業内でサービスエンジニアとしてカスタマーサポート関連の部署で働くのが一般的だとされています。
アメリカでは、高いレベルでの幅広い基礎知識を確認するためにも、システムの構築や開発にあたっているシステムエンジニアが取得するケースも増加しています。
試験が実務に則したものであるだけに、現場の技術者は、特別に新たな分野の勉強する必要が少ないため、自分に足りない知識を確認するために受験する人も多い状態です。
世界標準の規格化に対応するため、日本でもスキルの基準・トレーニングとしてA+を認知する傾向が強くなっています。



試験地

アール・プロメトリックとピアソンVUE、NTTデータテスティングサービス



受験手数料

Core Hardware 20,224円

OS Technologies 20,224円




関連リンク

CompTIA JAPAN (コンプティア 日本支局)



[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。