資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

栄養士 

Sponsored Link



★受験資格★ 学歴制限

★合格率★  60%
  
★取得目的★ スペシャリスト




栄養士は、栄養士法(昭和22年12月29日法律第245号)に定められる資格である。

「栄養士」の名称を用いて栄養の指導に従事することを業とする者で、厚生労働大臣の指定した栄養士の養成施設において2年以上栄養士としての必要な知識及び技能を修得し、都道府県知事の免許を受けたものである。

栄養士の免許を有する者でなければ、管理栄養士国家試験の受験資格を得ることができない。

資格の概要

必須科目

解剖生理学、運動生理学、生化学、食品学、食品加工学、栄養学、栄養指導論、臨床栄養学、公衆栄養学、給食管理、食品衛生学、調理学、食品経済、食生活論など

栄養士法以前の栄養士

栄養士法成立以前は、栄養学の創始者である佐伯矩の「栄養学校」、陸軍の糧友会が設立した食糧学校、香川綾の女子栄養学園で栄養について学んだ者に与えられていた。



試験内容

管理栄養士国家試験とは、国家資格である管理栄養士の免許を取得するための国家試験である。栄養士法第5条の2に基づいて行われる。厚生労働省健康局監修。

受験資格

管理栄養士の免許は、栄養士の免許を有する者が、管理栄養士国家試験を受けて取得する。
栄養士の免許は、栄養士の養成施設(2年制、3年制、4年制がある。大学、短大、専門学校など。)において二年以上栄養士として必要な知識及び技能を修得した者に対して、都道府県知事が与える。

そして、管理栄養士の免許は、栄養士免許を得た後に一定期間(1年から3年)栄養の指導に従事した者、または、管理栄養士養成施設(4年制。大学、専門学校など。)を修了して栄養士免許を得た者が、厚生労働省の実施する管理栄養士国家試験を受けてこれに合格した者に対して、厚生労働大臣が与える。

概要

平成16年度試験(2005年(平成16年)3月実施)までは旧カリキュラムによる試験が実施された。
平成17年度試験(2006年(平成17年)春実施)から試験内容等が変更される。

受験者数等

合格基準は平成15年より公開
平成17年の試験は追加合格者発表の為、合格基準は本来の60%でなく58.75%となる

試験科目

社会・環境と健康、人体の構造と機能及び疾病の成り立ち、食べ物と健康、基礎栄養学、応用栄養学、栄養教育論、臨床栄養学、公衆栄養学、給食経営管理論の9科目。
新試験9科目の複数科目にわたる応用力試験(状況設定問題)が導入。

出題基準

管理栄養士国家試験出題基準とは、「管理栄養士国家試験出題基準(ガイドライン)改定検討会」において検討したもので、試験委員が出題の際に準拠する基準。この国家試験の「妥当な範囲」と「適切なレベル」とを項目によって整理したものである。



関連リンク

日本栄養士会ホームページ

全国栄養士養成施設協会

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。