資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

薬剤師 

Sponsored Link



★受験資格★ 学歴制限

★合格率★ 74.25%
  
★取得目的★ 就職・再就職



資格の概要

薬剤師とは、主に薬剤の取扱い、薬事業務を司る専門職であり、化学者でもある。一般に薬剤師として「英 Pharmacist」という名称は米国等で用いられ、英国を初めとする英連邦諸国では伝統的に薬剤師は「英 Chemist」と称される。

薬剤師国家試験は、薬剤師として必要な知識及び技能の確認を目的とするものであり、少なくとも年1回行われる。1987年秋の第71回までは年2回行われていたが、1988年の第72回より現行の年1回方式に改められ、2008年(平成20年)までに93回行われた。受験料は6800円。

試験に合格した者は厚生労働大臣より合格証書の交付を受け(薬剤師法施行令第11条)、薬剤師法第7条の規定により申請を行い薬剤師名簿に登録することによって薬剤師の免許を厚生労働大臣より与えられる。なお、合格証書がないと免許の交付手続ができない。

厚生労働省医薬食品局の監修の下に、薬剤師試験委員が問題を作成する。

1949年(1回) 薬剤師国家試験開始
1985年 出題基準制定
1990年(75回) 受験者数10,000名突破
2007年(92回) 受験者数12,000名突破
2012年(97回) 6年制薬学科卒業者向試験実施予定



試験内容

受験資格

次のいずれかに該当する者でなければならない。

学校教育法に基づく大学(短期大学を除く)において、薬学の正規の課程を修めて卒業した者(薬科学ではない。)

薬学の正規の課程は、2005年以前に入学した者は4年制、2006年以降に入学した者は6年制である。

学校教育法に基づく大学(短期大学を除く)において、薬科学の正規の課程を修めて卒業した者で、以下の条件を満たした者

これは平成29年度までの新4年制課程入学者への経過措置であり、全ての条件を入学後12年以内に満たす必要がある。

大学院薬科学研究科修士又は博士課程を修了すること

医療薬学に係わる科目の単位その他6年制との差分となる講義・実習単位の取得(薬局病院実務実習には専念義務有)

厚生労働大臣の個別認定を受けること

外国の薬学校を卒業し、又は外国の薬剤師免許を受けた者で、厚生労働大臣が1.に掲げる者と同等以上の学力及び技能を有すると認定した者

試験科目

基礎薬学 60問
衛生薬学 40問
薬事関係法規及び薬事関係制度 20問
医療薬学 120問

2日間の日程(1日目午前に基礎薬学、午後に衛生薬学と薬事法規・制度、2日目午前・午後に医療薬学)で実施される。必ずしも各分野の範囲内から出題される訳ではなく、複合的な問題が出題されることもある。

「第5次薬剤師国家試験出題基準」に基づき、第90回(2005年)より現行。


合格基準

次の2つの条件を満たした者が合格とされる。第86回(2001年)に公表。

問題の難易を補正し、計算して得た総得点312点 (65%)に対応する実際の総得点(試験毎に異なる)以上の得点の者

各科目全てが35%以上の得点の者



試験地

北海道、宮城県、東京都、石川県、愛知県、大阪府、広島県、徳島県及び福岡県



受験手数料

6,800円



関連リンク

日本薬剤師会ホームページ

厚生労働省

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。