資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

毒物劇物取扱責任者 

Sponsored Link



★受験資格★ 年齢制限

★合格率★ 26.5%
  
★取得目的★ キャリアアップ



資格の概要

毒物や劇物の取扱をする製造業や輸入業、販売業を営む為には、国または都道府県の登録、許可、届出が必要で、専任の毒物劇物取扱責任者を置き、毒物、劇物の管理、保健衛生上の管理、監に当たらせなければならないと「毒物及び劇物取締法」に定められている。

毒物劇物取扱責任者とは、各都道府県の実施している資格試験を受験するほかに、薬学部や理学部などの大学を卒業することでも取得できる。農学部、や化学系の工業高校などでも、所定の単位を取得することで無試験で毒物劇物取扱責任者の要件を満たすことができる。

薬剤師は無条件で有資格者となる。



試験内容

受験資格

学歴・年齢・実務経験に関わらず、受験可能。欠格事項の該当者であっても毒物劇物取扱者試験の受験は可能だが、合格しても、欠格事項が消滅するまでは毒物劇物取扱責任者となることは出来ない。


有資格者

下記のいずれかに該当するもののうち、欠格事項に該当しない者が毒物劇物取扱責任者となる資格を有する。

薬剤師

厚生労働省令で定める学校で、応用化学に関する学課を修了した者
各都道府県が実施する毒物劇物取扱者試験に合格した者


欠格事項

18歳未満の者

心身の障害により毒物劇物取扱者の業務を適正に行うことができない者として厚生労働省令で定めるもの

麻薬、大麻、あへん又は覚せい剤の中毒者

毒物若しくは劇物又は薬事に関する罪を犯し、罰金以上の刑に処せられ、その執行を終り、又は執行を受けることがなくなった日から起算して3年を経過していない者

応用化学に関する学課を修了した者


大学等

学校教育法に規定する大学又は旧大学令に基づく大学又は旧専門学校令に基づく専門学校において、応用化学に関する課程を修了した者。
応用化学に関する課程とは次の学部、学科とする。

薬学部

理学部、理工学部又は教育学部の化学科、理学科、生物化学科等
農学部、水産学部又は畜産学部の農業化学科、農芸化学科、農産化学科、園芸化学科、水産化学科、生物化学工学科、畜産科学科、食品化学科等

工学部の応用化学科、工業化学科、化学工業科、合成化学科、合成化学工業科、応用電気化学科、化学有機工学科、燃料化学科、高分子化学科、染料化学工業科等


化学に関する授業科目の単位数が必修科目の単位中28単位以上又は単位50%以上である学科

化学に関する科目とは、次の分野に関する講義、実験及び演習とする。

工業化学、無機化学、有機化学、化学工学、化学装置、化学工業、化学反応、分析化学、物理化学、電気化学、染料化学、放射化学、医科学、生化学、バイオ化学、微生物化学、農業化学、食品化学、食品応用化学、水産化学、化学工業安全、化学システム技術、環境科学、生活環境化学、生活科学、生活化学基礎、素材化学、材料化学、高分子化学、地球環境化学、工業技術基礎、課題研究等(ただし、工業技術基礎、課題研究については、応用化学に関する課程を修了したことを証する書類において、科目名に「(化学)」等の字句が明示されてあるものに限る。例:工業技術基礎(化学)、課題研究(化学))


高等専門学校

学校教育法に規定する高等専門学校工業化学科又はこれに代わる応用化学に関する課程を修了した者。


専門課程を置く専修学校(専門学校)等

学校教育法に規定する専門学校において応用化学に関する課程を修了した者のうち、30単位以上の化学に関する科目を修得した者。


高等学校等

学校教育法に規定する高等学校において、化学に関する科目を30単位以上修得した者。


大学院等

学校教育法に規定する大学の大学院において、応用化学に関する課程を修了した者。


有資格者としての証明方法について

この資格は免許証を発行せず、薬剤師の免許証、応用化学に関する学科の卒業証書又は成績証明書、あるいは試験に合格した場合は合格証書が有資格者としての免許証代わりとなる。 実際に毒物劇物取扱責任者になる場合は上記のいずれかの証明書を元に届け出るという形になる。


具体的な試験日程などは各都道府県によって異なる。詳しくは各都道府県の保健所若しくは衛生課などに問い合わせが必要。

一般 - 全ての毒物又は劇物の取扱い及び管理・監督をすることができる。

農業用品目 - 農業用の毒物又は劇物のみの取扱い及び管理・監督をすることができる。

特定品目 - 特定品目の毒物又は劇物のみの取扱い及び管理・監督をすることができる。

内燃機関用メタノールのみの取扱に係る特定品目 - 内燃機関用メタノ-ルのみにおける特定品目の毒物又は劇物の取扱いや管理・監督をすることができる。


試験科目

筆記

法規
基礎化学
毒物・劇物の性質
取扱い・貯蔵知識


実地

取扱い方法
毒物・劇物の識別



試験地

主に県庁所在地で実施



受験手数料

都道府県によって異なる



関連リンク

毒物劇物取扱責任者試験関連資料

ドクッとコム

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。