資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

介護福祉士 

Sponsored Link



★受験資格★ 学歴制限

★合格率★ 46.8%
  
★取得目的★ 就職・再就職



資格の概要

介護福祉士(ケアワーカー)は、1987年(昭和62年)に法整備により新しく誕生した社会福祉の国家資格。社会福祉士及び介護福祉士法の規定に基づいた資格で、身体的、精神的な障害により日常生活行動、例えば入浴、食事、排泄などの行動に支障のある人に対して介護し、自立した、人間としての尊厳をもった生活を送るための支援を行うことに優れた能力を有する者の国家資格であり、名称独占資格の一である。

介護福祉士の活動場所としては、特別養護老人ホーム、デイケアセンターや障害者の福祉作業所、その他の社会福祉施設があげられる。また、在宅で生活している要介護者の自宅に通って援助する訪問介護員(ホームヘルパー)にも介護福祉士資格は有用である。
社会福祉士がソーシャルワーカーという英語名でも呼ばれるように、介護福祉士についてもケアワーカーという呼び方をする場合もある。

今後は、この職種の専門性を深めていくこと、他の医療、看護、リハビリテーションなどの職種との連携、相互理解などその職域の発展のためなされなければならないことが多い。介護福祉学会も誕生し、介護福祉学といった専門分野もその産声を上げた。 しかし、介護福祉士の資格を取得しても、その社会的地位は看護師と同等とは言い難く(例えば厚生労働省が定めたグループホームの人員配置には看護師はあるが介護福祉士の規定はない等)、その業務内容が苛酷であることから離職率が高い。その背景として給与水準が過酷な労働に対して安いという問題がある。また、その苛酷で給与体系が低いことから敬遠され、人材が不足しているためより、勤務が苛酷になる悪循環が生じている。



試験内容

厚生労働大臣の指定する養成施設を修了し登録名簿に登録する

介護実務経験3年以上で国家試験に合格、登録名簿に登録する

以上2通りの方法がある。

平成23年より厚生労働大臣が指定する養成施設を終了し名簿登録する 取得方法が廃止され、国家試験のみとなる予定である。

なお、筆記試験は、毎年1月下旬頃、すべてマークシート方式のテストが行われる。

試験科目

筆記:社会福祉概論・老人福祉論・障害者福祉論・リハビリテーション論・社会福祉援助技術・レクリエーション活動援助法・老人、障害者の心理・家政学論・医学一般・精神保健・介護概論・介護技術・形態別介護技術

実技:介護などに関する専門技能



受験手数料

12,800円



関連リンク

社団法人 介護福祉士会

介護福祉士国家試験

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。