資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

ビジネス電話実務検定  

Sponsored Link



★受験資格★ 制限なし

★合格率★ 実践級 84.6%  知識A級 81.4%
  
★取得目的★ キャリアアップ



資格の概要

ビジネス電話実務検定は、電話のかけ方や受け方に関して,他の人とは違う能力を持つための検定。

ふだん意識せずにかけている電話も,社会的にはかけ方が評価される専門性を持つ技能です。
電話のないビジネスはありません。電話能力はビジネス社会人の基礎能力です。



試験内容

知識B級

ビジネス電話について初歩的な知識を持ち、技能の基本を理解して平易な作業を行える。

知識A級

ビジネス電話に関する知識・技能を発揮して、求められる業務が遂行できる。

実践級

ビジネス電話に関する高度な知識・技能を持ち、一般水準以上のビジネス電話業務が遂行できる。



試験地

要確認



受験手数料

知識B級 2,100円

知識A級 2,900円

実践級 5,500円




関連リンク

ビジネス電話実務検定 実務技能検定協会

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

社会常識能力検定 

Sponsored Link



★受験資格★ 制限なし

★合格率★ 
  
★取得目的★ キャリアアップ



資格の概要

社会常識能力検定(旧・秘書能力検定)とは、社会で働く人たちのビジネス力を測る能力検定です。「社会常識(現代社会・組織に生きる一人の大人として必要な常識や心構え)」「コミュニケーション(ビジネスでのよい人間関係を築くための意思伝達スキル)」「ビジネスマナー(業務処理に必要なマナー・技能)」の3つの領域から出題されます。企業・社会のしくみと一般的な社会常識を理解し、仕事を処理するために必要な知識やビジネスマナーを身につけ、自ら築いた人間関係を良好に保つために必要なコミュニケーション能力が備わります。

昭和59年に、秘書能力検定試験と始まり、平成19年度より内容を刷新するとともに社会常識能力検定試験に名称が変更されました。就職活動をこれから始めるという学生にとっては社会の常識が身につけられるプログラムです。



試験内容

試験の内容・合格条件

3級

社会・組織の一員として必要不可欠な社会常識を理解し、初歩的な仕事を処理するために必要な知識やビジネスマナーを学び、社内外の人と良好な関係を築くために求められるコミュニケーション能力を習得している。

2級

企業・社会のしくみと一般的な社会常識を理解し、仕事を処理するために必要な知識やビジネスマナーを身につけ、自ら築いた人間関係を良好に保つために必要なコミュニケーション能力を習得している。

1級

企業・社会のしくみと幅広い社会常識を十分に理解し、目標達成のために自ら率先して高度な業務を処理できる知識やビジネスマナーを活用し、後輩指導・グループをまとめるリーダーシップ・トラブル対応などさまざまなビジネス場面で発揮できるコミュニケーション能力を習得している。

実施方法:筆記試験

合格条件:各級とも100点満点とし、70点以上を合格とする。



試験地

要確認



受験手数料

1級 4,000円

2級 2,500円

3級 2,000円




関連リンク

全経 - 社会常識能力検定試験

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

ビジネス著作権検定 

Sponsored Link



★受験資格★ 制限なし

★合格率★ 初級 約70%  上級 約50%
  
★取得目的★ キャリアアップ



資格の概要

ビジネス著作権検定は、著作権に関する知識について、基礎的な理解、具体的な事例判断での応用力を測定する検定試験。略称は、著検。サーティファイ著作権検定委員会が主催。有限責任中間法人知的財産教育協会が監修している。2004年からの比較的新しい検定である。

毎年、2月・6月・11月に実施(2月は初級のみ)。ほかに団体受験もある。

初級

著作権に関する基礎的知識。筆記試験(マークシート式)。60分・30問。合格基準は正答率65%超。合格率は約70%

上級

著作権に関する基礎的知識と事例における問題点発見と解決能力についての応用力。筆記試験(マークシート式)。90分・45問。合格基準は正答率70%超。合格率は約50%



試験内容

試験目的

ビジネス実務、日常生活においてますます必要とされる著作権に関する知識および関連する知識について、その基礎的な理解、具体的な裁判例・ビジネス実務における慣例を基準とする事例判断での応用力をそれぞれ測定する。

認定基準
 
初 級

ビジネス実務、日常生活において必要とされる、(1)著作権に関する基礎的な知識、(2)著作権法および関連する法令に関する基礎的知識、(3)インタ- ネットに関連する著作権および情報モラルについての基礎的知識を有する。(企業が社員に対する著作権コンプライアンス教育として利用できるレベル)

上 級

ビジネス実務、日常生活において必要とされる、(1)著作権に関する基礎的な知識、(2)著作権法および関連する法令に関する基礎的知識、(3)インタ- ネットに関連する著作権および情報モラルについての基礎的知識と、それらの応用力を有する。(法務部または知的財産部の著作権担当者として著作権に関する問題点を発見し、解決することができるレベル)

試験科目

初級

試験時間 60分
問題数  30問

[筆記試験]

問題冊子にて提示される多肢選択式問題をマークシートに解答します。

ビジネス実務、日常生活において必要とされる

(1)著作権に関する基礎的な知識
(2)著作権法および関連する法令に関する基礎的知識
(3)インターネットに関連する著作権および情報モラルについての基礎的知識について多肢選択式問題として出題。

上 級

試験時間 90分
問題数  40問

ビジネス実務、日常生活において必要とされる

(1)著作権に関する基礎的な知識
(2)著作権法および関連する法令に関する基礎的知識
(3)インターネットに関連する著作権および情報モラルについての基礎的知識、および応用力について多肢選択式問題として出題。

なお、この応用力については、事例での問題点発見と解決能力について問う内容となる。



試験地

要確認



受験手数料

初級 4,600円 

上級 7,200円




関連リンク

ビジネス著作権検定 サーティファイ 著作権検定委員会

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

国際秘書検定試験(CBS) 

Sponsored Link



★受験資格★ 制限なし

★合格率★ プライマリー 62.5%  ファイナル 19.1%
  
★取得目的★ スペシャリスト



資格の概要

国際秘書検定試験(CBS)は、英語と日本語をコミュニケーションの手段として使いこなし、実務能力、人間性ともに優れ、上司の右腕として機能しうる秘書あるいはアシスタントの育成を目的としています。

1979年に第1回CBS検定試験が実施されて以来、バイリンガルセクレタリーの実力を証明する資格として広く認められています。

企業活動が地球規模で展開される今日、ビジネス国際語である英語と、日本語の正しい知識と応用力をそなえたバイリンガルセクレタリーはますます必要とされています。CBS資格あるいは準CBS資格を取得した人たちが各方面で活躍しています。

CBSとはCertified Bilingual Secretaryの略であり、社団法人日本秘書協会のCBS(国際秘書)検定ファイナル試験に合格し、CBS認定証(CBS Certificate)を授与された人の呼称です。



試験内容

CBSプライマリー試験

受験資格 受験資格は問いません。
・3科目を一括受験し、同時に合格することが必要。

合格基準

総合得点の70%以上の得点をもって合格とします。ただし、各パートの合格点が所定の合格基準に達していることが条件。

◆ CBSプライマリー試験(160分 一括受験)
 
PartⅠ オフィス実務

来客応対、電話応対、日程管理、会議開催準備、ビジネス文書の整理・保管

PartⅡ ビジネス日本語

ビジネスの場で必要な正しい日本語、ビジネス文書のマナー・書式

PartⅢ ビジネス英語

来客応対・電話応対に必要な英語表現、英文ビジネス文書作成に必要な英語表現と基礎知識


CBSファイナル試験

受験資格 プライマリー試験合格者。

・受験できる期間は、プライマリー試験合格年を含
 む4年間。

・初年度は全パートを受験しなければなりません
 が、次年度からは不合格パートのみの受験がで
 きます。

合格基準 

各パート70%以上の得点をもって合格とします。ただし、面接は試験官の合否判定によります。

◆ CBSファイナル試験
 
PartⅠ

秘書適性、秘書業務管理・レコードマネジメント、経営・会計・法律に関する知識 (180分)

PartⅡ

秘書実務(インバスケット方式)
いくつかの秘書の日常業務を、優先順位をつけ、実際に処理する。 (180分)

PartⅢ

英文ビジネス文書に関する知識と応用
英文ビジネス文書作成技法に関する筆記試験と、英文レターのディクテーション (75分)

PartⅣ

日英両語による個人面接 (10分)



試験地

東京、名古屋、大阪



受験手数料

プライマリー 12,000円 

ファイナル 20,000円




関連リンク

CBS検定試験のご案内 | 社団法人日本秘書協会

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

ファイリング・デザイナー検定 

Sponsored Link



★受験資格★ 制限なし

★合格率★ 1級 22.7%  2級 49.8%
  
★取得目的★ スペシャリスト



資格の概要

何事も生産性を上げるためには、何らかの技術やノウハウが介在します。オフィス・ワークの生産性をあげるために必要不可欠な技術がファイリングシステムなのです。オフィス文書の発生から廃棄まで、ライフサイクル全般を適切に管理する人材を育成する目的で毎年2回実施されるのがファイリング・デザイナー検定試験です。



試験内容

1級

組織内におけるトータル・ファイリングシステムを設計・維持管理・指導できる知識技能を有する。

(範囲)
経営情報管理、トータル・ファイリングシステム導入・評価維持管理等推進全般に関わる実務・応用知識、電子記録媒体とマイクロフィルムに関する実務知識、社内教育・人材育成方法、ペーパーレスに関する実務知識、文書実務や情報公開に関する関連法整備動向及び規制緩和動向、行政文書管理の実務知識、先進事例研究など

2級

組織内におけるトータル・ファイリングシステムを導入・維持管理できる知識技能を有する。

(範囲)
組織内情報化と文書管理の基礎知識、トータル・ファイリングシステムの構築手法・維持管理手法の実務知識、保管システムの実務知識、保存・廃棄システムの実務知識、文書保存関連法規、ペーパーレスファイリングに関する基礎知識、電子記録媒体とマイクロフィルムの基礎知識、文書保存年限に関する基礎知識、電子記録媒体に関する基礎知識など

3級

オフィスワークを行なう基礎としてのファイリングシステムの実務知識を有する。

(範囲)
文書管理の基礎知識、ファイリング用品・ファイル作業に関する基礎知識、ファイリングシステムの用語知識、トータル・ファイリングシステムの理解、OAとオフィス文書の基礎知識、保管庫や文書庫の運用管理の基礎知識、文書分類・整理法に関する基礎知識など



試験地

札幌・東京・名古屋・大阪など



受験手数料

1級 7,350円 2級 5,250円 3級 3,150円



関連リンク

ファイリング・デザイナー検定  日本経営協会

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

電子化ファイリング検定 

Sponsored Link



★受験資格★ 制限なし

★合格率★ A級 24.9%  B級 56.0%
  
★取得目的★ スペシャリスト



資格の概要

電子化ファイリング検定は、ペーパーレスを志向した電子データのライフサイクル管理が主眼です。そのためパソコンやインターネットさらにはセキュリティにいたるまで、現代のオフィスで使われる情報技術全般をカバーしています。

現代のオフィスで取り扱われる情報は紙の書類だけではありません。イメージファイルやHTMLで記述された WEB情報など、多様な形態による膨大な電子データも年々増加しています。これらも当然、経営資源として紙の書類と同様、適切に管理されなければなりません。



試験内容

電子化A級

組織内における電子化ファイリングシステムの企画・立案・導入・推進に関する管理と実務指導ができる知識・技能を有する。

(範囲)
トータル・ファイリングシステムの概念、イメージファイル・拡張子・記述言語(SGML、HTML、XML)等電子化文書に関する応用知識、インターネット技術に関する基礎知識、電子政府・電子商取引の動向、国際標準化動向、電子公文書作成に関する実務知識、IT関連法規全般、文書の電子保存関連法規、ネットワークセキュリティの実務知識、暗号化と公開鍵認証基盤に関する実務知識など


電子化B級

電子化文書の実務知識を持ち、電子化ファイリングシステムの企画・導入と推進をリードできる。

(範囲)
トータル・ファイリングシステムの概念、オフィス文書管理の基礎知識、イメージファイル・拡張子・記述言語(SGML、HTML、XML)等電子化文書に関する実務知識、インターネットとグループウエアに関する基礎知識、電子化文書の国際標準に関する基礎知識、文書の電子保存関連法規の基礎知識、セキュリティと認証に関する基礎知識、日本語コードとブラウザに関する基礎知識



試験地

札幌・東京・名古屋・大阪ほか



受験手数料

A級 7,350円 B級 5,250円



関連リンク

電子化ファイリング検定 日本経営協会

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

速記技能検定 

Sponsored Link



★受験資格★ 制限なし

★合格率★ 1級 24.9%  2級 26.2%
  
★取得目的★ キャリアアップ



資格の概要

速記技能検定は、文部科学省が定めた速記技能審査基準に基づいて行われ、日本速記協会が認定する資格試験です。

速記技能検定には1~6級があり、各級とも試験形式は、講演形式の朗読文を、符号を使って速記し、反訳原稿を作成するという内容。級ごとに定められた正誤率に従って合否が判定される。速記技能者として仕事を得るならば1級合格が目標となる。



試験内容

各級のレベル

6級

程度  普通文字より速く書くことができる。
速度  分速80字を基準として5分間続けて朗読したものを速記できる。
反訳  上記の場合に60分間以内で普通文字に反訳することができる。
正確度 反訳の場合に辞書・参考書などを用いて正確度96%以上を示すことができる。
知識  平易な内容のものについて教育漢字、現代仮名遣いなどを正しく適切に用いることができる。

5級

程度   ノートやメモなどに速記を利用することができる。
速度   分速120字を基準として5分間続けて朗読したものを速記できる。
反訳   上記の場合に60分間以内で普通文字に反訳することができる。
正確度  反訳の場合に辞書・参考書などを用いて正確度96%以上を示すことができる。
知識   平易な内容のものについて教育漢字、現代仮名遣いなどを正しく適切に用いることができる。

4級

程度   平易な口述や草稿などに速記を活用することができる。
速度   分速180字を基準として5分間続けて朗読したものを速記できる。
反訳   上記の場合に60分間以内で普通文字に反訳することができる。
正確度  反訳の場合に辞書・参考書などを用いて正確度97%以上を示すことができる。
知識   平易な内容のものについて教育漢字、現代仮名遣いなどを正しく適切に用いることができる。

3級

程度   口述・電話などの速記ができ、また反訳を手伝うことができる。
速度   分速240字を基準として5分間続けて朗読したものを速記できる。
反訳   上記の場合に60分間以内で普通文字に反訳することができる。
正確度  反訳の場合に辞書・参考書などを用いずに正確度97%以上を示すことができる。
知識   やや高度な内容のものについて常用漢字、現代仮名遣いなどを正しく適切に用いることができる。

2級

程度   会議・座談・講演などの速記の補佐をすることができる。
速度   分速280字を基準として10分間続けて朗読したものを速記できる。
反訳   上記の場合に130分以内で普通文字に反訳することができる。
正確度 反訳の場合に辞書・参考書などを用いずに正確度98%以上を示すことができる。
知識   高度の内容のものについて常用漢字及びその他一般的によく使われる漢字、現代仮名遣いなどをおおむね正しく適切に用いることができる。

1級

程度  会議・座談・講演などを単独で速記することができる。
速度  分速320字を基準として10分間続けて朗読したものを速記できる。
反訳  上記の場合に130分以内で普通文字に反訳することができる。
正確度 反訳の場合に辞書・参考書などを用いずに正確度98%以上を示すことができる。
知識  高度の内容のものについて常用漢字及びその他一般的によく使われる漢字、現代仮名遣いなどを正しく適切に用いることができる。


試験地

札幌・東京・名古屋・大阪など



受験手数料

1級 5,000円 

2級 4,000円 

3級 3,000円 

4級 2,000円 

5級 1,500円 

6級 1,200円




関連リンク

速記技能検定 社団法人 日本速記協会

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

校正技能検定 

Sponsored Link



★受験資格★ 講座受講

★合格率★ 3級 27.5%  4級 33.6%
  
★取得目的★ スペシャリスト



資格の概要

校正技能検定は、校正者の基礎技能および基礎知識の検定を行うことにより、校正技能を向上させるとともに,校正者の社会的ならびに企業内部における地位を高め,もって出版文化の向上に寄与することを目的’(“編集技能検定〈校正部門〉実施規程”より)として日本エディタースクールが主催するものです。

校正技能検定は1966年から実施されており、現在〈三級〉〈四級〉〈五級〉の三段階があります。
四級と三級の認定は,それぞれ縦組・横組の実技試験と,校正・編集・製作に関する知識や漢字表記について問う学科試験があります。
〈五級〉は各種教育機関において指定単位科目を修得した人を認定します.本校では下記講座が指定単位科目を含んでおり,修了すると〈五級〉に認定されます。



試験内容

四級受験資格

(1)日本エディタースクール下記コース修了者
●全日制(昼間部)編集者養成総合科前期教室
●全日制(昼間部)校正者養成専門コース
●昼間 編集実務コース 編集・校正
●昼間 校正実務コース 基礎・訓練
●夜間 編集者養成科[総合コース](校正コース受講)
●夜間 編集者養成科[基本コース]校正コース
●通信 出版編集コース
●通信 校正コース
●通信 校正フレックスコース
●土曜 校正教室(実習教室)
(2)校正に関して各種機関で一定の実技訓練を受けた者
(3)前記各項規定に準ずるものと校正技能検定委員会で認めた者

三級受験資格

校正技能検定〈四級〉試験に合格した者



試験地

東京



受験手数料

9,450 円(税込)



関連リンク

校正技能検定 日本エディタースクール

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。