資格取得・・・そして転職へ

資格取得・・・そして転職へでは資格取得と転職に関する情報を掲載しています
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。
カスタム検索
資格と転職情報の検索
当サイトから各種資格と転職に役立つ情報を検索できます。

スポンサーサイト 

Sponsored Link



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link

商業経済検定 

Sponsored Link



★受験資格★ 制限なし

★合格率★ 約60%
  
★取得目的★ キャリアアップ



資格の概要

新聞の2~3ページ目にある経済面は、大人でも理解して読める人は多くありません。でも、商業経済関係科目を学ぶと、この難解な経済面を読むための基本が身に付きます。さらに、企業経営の基本原則や、わが国の法体系の基礎を学ぶことにより、それらの報道がより身近に感じられるようになります。国内問題や国際情勢を正しく理解することができる能力を身につけること、このことこそ、商業経済研究部が目指しているものです。

「ビジネス基礎」に合格すると、3級の資格を取得することができます。

「マーケティング」「商品と流通」「国際ビジネス」「経済活動と法」の4科目から、1科目に合格すると、2級の資格を、2科目に合格すると1級の資格を取得することができます。



試験内容

「ビジネス基礎」

企業の行う経済活動をビジネスとしてとらえ、ビジネスが実際にどのように行われているかを学びます。例えば何気なく買っているミニペットボトル1本にしても、生産者から卸売商・小売商を経て消費者に届きます。こうした活動について学ぶとともに,これからの活動に必要な能力を高めていくことになります。

「マーケティング」

「マーケティング」は、「顧客が満足する商品やサービス」を提供するための企業活動について学ぶ科目です。供給が需要をうわまわる今日、売れる商品を提供しなければ企業は存続することができません。どのような商品が消費者に受け入れられるかを知り、ニーズにあった商品をつくったり仕入れを行い、どのように消費者にアピールし購入してもらうかが、企業にとって重要な関心事となります。また、今世界的な問題となっている環境保全の視点からの,取り組みも重要な課題となっています。これらのことを総合的に考え、学んでいく科目です。

「商品と流通」

「商品と流通」は、生産・流通・消費という経済の仕組みのなかで流通が果たしている機能や役割、その対象である商品の種類や特性などを学ぶ科目です。一般に商品は、さまざまな流通活動を経て消費者の手元に届きます。今日では、消費者のさまざまな欲求に応じるために商品が多様化し、ソフト化が進行しています。そして、それに対応した商品開発や流通活動が求められ、また新たなビジネスの創造も期待されるようになっています。この科目を学ぶことによって、そうした様相をより身近に感じられるようになります。

「国際ビジネス」

「国際ビジネス」は、ビジネスのグローバル化の進展という実態に即して、国際的なビジネス活動において必要とされる経営と経済に関する知識を身につける科目です。新聞では、わが国の企業の海外進出や経営戦略、また貿易摩擦や為替相場の問題など様々な記事を見かけます。経済事象は刻々と変化を遂げています。この科目を学ぶ事で、経営と経済のダイナミックな流れをとらえ、将来国際的なビジネスの場で活躍する基礎を築くことができます。

「経済活動と法」

「経済活動と法」は、経済活動や日常生活で必要とされる基本的な法律について学ぶ科目です。日常生活を規範する民法が中心になりますが、企業の活動を法律の面から考えるため一部商法の内容も学びます。また、企業活動の全般的なルールや株式会社、契約、消費者としての知恵、労働関係、家族関係の法律も学びます。この科目で基本的な法律の知識を理解し、日常生活に役立てたいものです。



試験地

各都道府県



受験手数料

1科目 1,000円



関連リンク

ZENSHO WEB SITE -(財)全国商業高等学校協会

商業経済検定 科目別・項目別出題基準

[PR] 台湾語・中国語の翻訳


Sponsored Link
こんな資格もあります
資格取得・・・そして転職へArchives

資格一覧
資格の合格率と分類
資格・検定関連サイト紹介
注目の資格ランキング
ブログパーツ
名言集


メール共有メーラー・顧客管理ソフト 債務整理 静的・テキストリンクの相互リンク集でSEO対策しませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。